title logo
このエントリーをはてなブックマークに追加

ー 何時でも買えるC.ルメールジョッキーの本当の買い時は、穴馬騎乗時だ! ー

space
 競馬の統計学 > 騎手の統計学 > C.ルメール騎手の統計学
space

メニュー
space

スポンサードリンク

space

■本 文

space

【短 評】

最近は外人版「いっくん」と揶揄される
ことがあるようだが、数字の結果は何者
も寄せ付けない結果となっている。
騎乗スタイルはそつなく、スタート良く、
取りこぼしなくだ。
M.デムーロ騎手をハマれば強い勝ち方を
するレボリューション型だとすれば、
ルメール騎手は馬の隠れた才能を引き
出して勝つエヴァーヴィクトリア
アーミー型とでも言うべきか。
朝一調教を付けに行く為に車を飛ばして
いたルメール騎手が、途中で車を
止めてコーヒーを買いに行くというシーン
が印象的だった。
スタッフがその理由を聞くと、一番良い
笑顔で厩舎スタッフに会うために行って
いるとのことだ。
なるほど、その結果は成績と騎乗
スタイルに良く現れている。
「強い馬は弱い馬の常に2馬身前にいる。」
と言ったのはある有名な調教師だが、
だとすると強い馬に乗るのに一番
相応しい騎手はこのルメール騎手という
ことになりそうだ。

space

スポンサードリンク

space

【短 評】

ルメール騎手とM.デムーロ騎手は、
よく比較されがちだが、どちらの方が
良いかは既に明確になりつつある。
M.デムーロ騎手は確かに重賞では頼れる
騎手がだが、その反面平場で犠牲になる
馬の多いことこの上ない。
馬券を買う側からしたら、怒りを覚える
様な負け方もある。
片やルメール騎手は、最早誰も寄せ付け
ない数字を叩き出してしまっている。
これは、たぶん世界トップクラスの騎手
の一人と言うことができるのではないか、
と思う。
今年は、通年の数字でライアン・ムーア
騎手を上回るかもしれない。
二人ともエージェントは同じなのだが、
今年に入ってからは、しっかりと
棲み分けできた感がある。
その傾向を知ってから知らずか、
調教師サイドもルメール騎乗時は
勝負気配が激高だ。
有名厩舎もマイナー厩舎もルメール騎手
乗せてきた時点で勝負気配はかなり高い。
特に弱小騎手からの乗り替りはかなり
アツい!
調教師では、矢作芳人厩舎、角居勝彦
厩舎、角田晃一厩舎、音無秀孝厩舎等
が代表的だが、今ならどの厩舎も
ルメール騎手騎乗時で常に買える。
西の調教師の中には
ルメール騎手
勝負を仕掛けない調教師もいるので、
注意が必要だ。
しかし、東に関してはルメールブラン
ドは、非常に高価だ。
西でルメール騎手に太刀打ちできる
騎手は最早いない。
その代表格は、藤沢和雄厩舎、加藤
征弘厩舎、萩原清厩舎、小島茂之
厩舎等が上げられる。
更に、社台系のバックアップ態勢も
相当にアツい!
最早、無双状態ではないだろうか。
ポスト安カツの座は、既に築き上げ
られている。
芝・ダートで差はないです。
競馬場適性は、昨年は中山でだいぶ
パフォーマンスを落としていた。
しかし、今年の中山は無双状態。
東で馬質を確保するのに苦戦して
いた去年の面影は全くありません。
ちなみに、スタートが上手いので
小回りコースも得意で、福島、札幌
は馬券圏内50%超えのかなりの
数値です。
space

スポンサードリンク

一番得意な競馬場は、相手関係を
考慮して東京競馬場だと言えます。
東京で問答無用で買える唯一の騎手
は、最早ルメール騎手一人となって
しまいました。
その数値は、
(勝率 18.52%, 連対率 32.96%,
複勝率 46.30%)
福永騎手は、東で馬を集めるのには
若干苦戦している。
岩田騎手が東に移籍するなら、尚更
その傾向は高まるだろう。
岩田 - 戸田ラインは既に完成し
つつある。
後は堀厩舎頼みだが、
外人ラインが強い厩舎だから…
武豊騎手は東京では、京都のパフォ
ーマンスの半分程度まで落ちる。
デムーロ騎手は相変わらず問題ない
だろうが、平場だとイマイチやる気
と集中力に欠ける。
東京で馬を集めるのは、西の騎手に
とっては鬼門である。
イメージ通り長距離の騎手です。
中距離もまあまあで、短距離は
パフォーマンスを落としている。
ルメール騎手M.デムーロ騎手武豊騎手
共通することとして、馬の実力以上
に人気が先行することが上げられる。
こうなると、馬券を買う方としては
美味しい面もあるが、厄介でもある。
人気馬に乗せてより良い結果を残し
ているのは、福永騎手川田騎手
だが、ルメール騎手M.デムーロ騎手
穴馬に乗ってトップクラスの数値を
上げている。
穴馬とは、4番人気から10番人気の
馬のことを指します。
この時の数値が、
(勝率 8.06%, 連対率 15.29%,
複勝率 24.38%)
でJRA騎手の中では最高クラスです。
そして、ルメール騎手は大穴に乗った時の
数値が一流ジョッキーの中でトップ
クラスである。
その数値が
(勝率 0.00%, 連対率 4.76%,
複勝率 9.52%)です。
頻度は少ないが、覚えておこう。
ただ、本当の穴掘り名人は別に
いますよ♪
季節的な成績の差については、特に
変動なしと見ている。
10月の成績が若干悪いようだが…。
ルメール騎手の特徴は、弱い馬で
も馬券圏内に持って来ることが
高いことあります。
弱い馬は基本的に何かのラッキー
がないと走りませんが、ルメール
騎手の穴馬騎乗時には騎手頼みで
買っても問題ありません。

>トップへ

■予想に役立つサイト

space
■無料情報サイト
【☆無料★ 競馬の神様 大川慶次郎氏】

【☆無料★ 極上の投資競馬 PREMIUM】
【☆無料★ 競馬総本舗 ミリオン】
space
■大手優良予想サイト
【日刊スポーツ 極ウマ】

【競馬最強の法則 WEB】

space
■競馬オリジナルグッズ
【JRA ターフィー通販クラブ】

>トップへ

space

 競馬の統計学 > 騎手の統計学 > C.ルメール騎手の統計学
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】

当ホームページへの ▼▽ 応援メッセージ ▽▼ よろしくお願いいたします。どんなことでもOKです。