title logo
このエントリーをはてなブックマークに追加

ー 蛯名正義騎手と横山典弘騎手がスランプ!?明らかに乗れていないがその理由とは… ー

space
 競馬の統計学 > コラム > 蛯名正義騎手と横山典弘騎手がスランプ!?明らかに乗れていないがその理由とは…
space

space
メニュー
space

■蛯名正義騎手と横山典弘騎手がスランプ!?明らかに乗れていないがその理由とは…

space

 今年の戸崎圭太騎手といい、
 岩田康誠騎手といい、
 ミルコ・デムーロ騎手といい、
 乗れていない騎手が多過ぎる
 と思わんか!
 最近のミルコ・デムーロ騎手は
 良いとしてもそれにしても年始め
 は兎に角乗れていなかった。
 岩田康誠騎手なんかは、久々の
 重賞勝利で大きくガッツポーズと…
 新人騎手じゃねぇ―んだぞ!
 おいおい、ってな感じですね。
 今年は、更に仲間入りが増えて、
 蛯名正義騎手に横山典弘騎手が
 加算されることとなった。
 皆さん頑張って点数加算を積み
 重ねていることこの上ないですな
 (・д・)
 保険点数の加算ならまだしも、
 こんな点数の加算をしたところで
 どうしようもないというのに…
 しかし、一体全体JRA騎手事情は
 どうなってしまっているのだろうか…

space

 戸崎圭太騎手は、相変わらず
 今年の中山ではクソですな!
 それにしても、騎手にスランプは
 あるのでしょうか…?
 騎手にスランプはない!!!!
 とも言えるし、あるとも言える。
 結果が出ない時、それをスランプ
 だと素人は直ぐに考えがちだが、
 理由は他のところにあることも多い。
 今年の年初の目立つ傾向としては、
 クリストフ・ルメール騎手は
 相変わらず勝ち星を積み重ねて
 好発進だったのにも関わらず、
 ミルコ・デムーロ騎手の人気を被っての
 激トンズラ振りにはホトホト
 呆れ返ってしまう程であった。
 この二人の差は一体何処から来るの
 だろうか。
 M.デムーロ騎手のヤラずは日常茶飯事だ!
 今回もただ単に何時ものゲート出遅れ癖
 と同じで、年初スタートダッシュで
 出遅れただけだろう…
 確かに、そう考えることもできなくない。
 ところで、騎手の上手い下手は
 何で決まっているのだろうか…
 例えば、浜中騎手と川田騎手どっちが
 騎手として上手いのかを簡単に判断できる
 指標を一般の人は持ち合わせているの
 だろうか。
 これが、岩田騎手と浜中騎手ならどうだろうか?
 岩田騎手と横典だったらどうだろうか?
 横典と内博だったらどうだろうか?
 極論で、J.モレイラ騎手とライアン・ムーア騎手
 ならどっちが騎手として上手いのだろうか…?
 結局のところ、これらの結論というのは
 良く分からないのである。
 良く分からないのであるのなら、
 これを使いこなすことはできない。
 そうであるのならば、分かることを使って
 別の方法でアプローチせよ、ということだ。
 どっちの勝ち星が多いかなら、
 直ぐに分かる筈だ。
 結果は数字で一目瞭然、見えてしまっている。
 見える中で戦える方法を探せということだ。
 これは、全てのビジネスにおいて
 通じる発想っだ。
 見えないもの、それは多分に妄想と
 期待の要素を含んでいる。
 しかし、見えるものというのは…
 長くなるので、当然割愛だ!
 さて、ガンガン行こうぜ!
 馬券を買うので重要なのは、
 勝ち星である。
 上手いか下手かも知っておいて
 損はないが、分からないなら
 埋めてやる!!!
 勝ち星の多さは何が決めるのか…?
 技術なのか。人柄なのか。運なのか。
 否、営業力が決めている筈だ!
 騎手のコネクション、営業力が
 決めているのか?????
 否、エージェントの営業力が
 全てを牛耳っているのだ!!!!
 競馬にロマンもドラマもない!
 競馬は単なるスポーツであって、
 ビジネスであって、マグレは
 ほぼない!
 負ける馬は最初から負けており、
 勝つ馬は最初から勝っている!
 駄馬は最初から肉をなる運命の
 元生まれ、ダービー馬は最初から
 ダービー馬になるために生まれて
 くる!
 それを呪っても敬ってもいけない!
 それが、自然の摂理なのだ!!!
 これが藤田伸二元騎手の言っていた
 JRAの作り上げた競馬界なのだ!!!
 これをつまらないと思ってはいけない!
 全てはチャンスであり、考えて
 本質を掴んだものだけが勝利を掴む
 ことができる!!
 さて、C.ルメール騎手とM.デムーロ騎手
 の違いは何なのだろうか…
 それは、ただ単にエージェントが変わった
 だけの話だ。
 元々は、C.ルメール騎手、M.デムーロ騎手、
 そして浜中騎手のエージェントは同じであった。
 しかし、M.デムーロ騎手のエージェントは
 変わり、その結果成績を落とした。
 岩田騎手は昨年春頃から、しばしば美浦
 への遠征を繰り返していた。
 エージェントが変わったのが、
 確か夏頃の出来事で、その後の戦績は
 ズタボロだ。
 今年久々に重賞を勝った訳である。
 GⅠを毎年勝っていた時代とは、
 大違いである。
 本題の蛯名騎手というと、
 現在エージェントは付いていない。
 当然、元々は付いていた訳だが…
 因みに、横山典弘騎手も当然
 エージェントは付いていない。
 蛯名騎手60連敗以上を更新中!
 2/11から勝ち星無し!!
 横山典弘騎手30連敗以上を更新中!!!
 2/26から勝ち星無し!!!!
 ※3/24(金) 現在
 これがJRAの望んだ世界であり、
 藤田伸二騎手が憂えた騎手の世界であった。
 多分、蛯名騎手も横山典弘騎手も
 スランプでもなく、長年築いてきた
 騎乗方法等を変えた訳ではないのだと
 思う。
 更に、日常生活の生活スタイルを
 大きく変えた訳ではないだろう。
 しかし、エージェント一つで
 結果は大きく変わってくる訳である。
 善い悪いではないのである!
 このルールの中戦えば良いのである!!
 エージェントには系統がある。
 北村宏司騎手、田中勝春騎手、
 杉原誠人騎手、野中悠太郎騎手は
 "ヒロシ"な訳である。
 なら、どういう乗り替わりなら
 厩舎が勝負態勢にあると言えるの
 だろうか?
 エージェント無しの状況というのは、
 営業がいない企業。
 今までのお得意様からも
 良い馬の情報や騎乗依頼すら
 仕入れられない危険性がある。
 最後に、競馬とは余り関係が
 ないのですが、折角なので…
 この世の主役は、あなた一人である。
 この世はあなたの人生の為にある。
 私もこのホームページもあなたの人生
 から見れば、全てが脇役であり、
 あなたの人生を彩る一部に過ぎない。
 しかし、そう言ってもあなたの
 人生の一部であることには代わりがない。
 あなたがこの世の主役であるのならば、
 あなたはあなたの主役になれることで
 人生を彩るべきであるし、この世を
 あなたが主役になれるように"改変"
 すべきである。
 世の中にはあなたがどう頑張っても
 主役になれないことがある。
 もう少し言えば、どう頑張っても
 ルール上、システム上、あなたが
 主役になれないことがある、ということだ。
 その中で闘い続けることは、
 他人の土俵で他人の人生を彩るための
 歯車として生きているだけになって
 しまうである。
 少し考える。
 あなたがあなたの人生の主役になる方法を。
 主役になれることを。
 そう、今までの方法を諦めて、
 既知に道を諦めて、
 新しい"未知(タオ)"を探すのである。
 これ以上、言葉は必要ありませんね。
 (2016.03.24)

space

 外人騎手は穴で勝ってこそ華である

>トップへ

space
 競馬の統計学 > コラム > 蛯名正義騎手と横山典弘騎手がスランプ!?明らかに乗れていないがその理由とは…
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】

当ホームページへの ▼▽ 応援メッセージ ▽▼ よろしくお願いいたします。どんなことでもOKです。