title logo
space

【A D】

space
このエントリーをはてなブックマークに追加

ー 競馬をする時のマインドについて ー

space
 競馬の統計学 > コラム > 競馬をする時のマインドについて
space

space
 当サイトは広告収入により成り立っております。
 皆様のご協力、よろしくお願い申し上げます。

space
メニュー

先日中山競馬場で、馬券を買い終えたトレンディーエンジェルの
さいとうさん風のおっさんが
「競馬が一番難しい!」
とベンチに座っていたおっさんに遠くから声を
掛けていた。
『どうした、おっさん!?』と思い二人の話に耳を傾けてみた。
何やら"メンタルが持たない"という結論らしい。
相方のおっさんも「うだべさ、うだべさ」という結論で
合意していた。
『なるほど、一般の人はそういうところで苦労しているのか』
と知ることができた。『なるほど、メンタルね…』
(2016.01.06)

space

スポンサードリンク

■メンタルがやられている原因とは?

space

 一応結論的なところから述べておくと、
 競馬は"単なるお金の使い方のゲーム"
 であり、素人は予想を的中させることに
 注力するが、その考え方に根幹的な原因
 があると言える。
 筆者の経験上だが、素人に幾ら競馬の
 勝ち負けは"お金の使い方"だけで決まる
 という話をしても余り理解されることはな
 い。運が良ければ、予想が合っていれば、
 特別な情報を手に入れれば勝てると考える
 人は多いようですが…
 それも否定はしないが、最早正論が聞きた
 い訳ではないと思って諦めることにしてい
 る。やがて、1日競馬をしても1レースも当
 たらない様になってきて、勝つ競馬から
 撤退して、競馬で負けることが当然の様に…
 ところで、あなたがその日競馬で勝つか
 どうかは何時の時点から確定しているの
 でしょうか?
 「今日はツイてるぞ!」、
 「何だか今日は勝てそうな気がする!」
 と思ったことはありませんか?
 実は、男性ホルモンの一種で
 「テストステロン」というものがあって…
 そんなオカルトだか、脳科学だか分から
 ない御託はどうでも良いと…
 失礼しやした。
 メンタルがやられるのは、メンタルをやら
 れる原因を自分自身が創っているということ
 に気付かない人は意外と多いようです。
 逆に言えば、それを取り除いてやれば、
 まぁメンタルがやられるようなこともない
 のではないでしょう。
 競馬で知っておくべきことは2つです。
 一つは馬の勝ち馬になる確率。
 もう一つはあなたの耐久力。
 前者が彼なら、後者が己です。
 「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」
 孫子の兵法の言葉ですが、
 まぁこの2つを知っていて負けることは
 ないと言えます。
 そもそも競馬は参加機会とベット額を
 自己制御できる賭け事です。
 この種の賭け事は基本的には負けません。
 例えば、麻雀は毎回参加です。
 この種のゲームでは純粋に考えて
 上がれる確率が1/4です。
 上手い人で30%程度と言われております。
 鬼になると100%近くになりますが、
 コモンズピーポーは牌が透けて見えない
 ので、諦めてください。
 パチンコ・スロットはベット額が常に
 一定です。ゲーム性で見たら競馬よりは
 簡単ですが、途中で仮に幾ら持っていかれ
 ていてもMAXで20円か4円までしかありません。
 そこで勝負し続けることになります。
 これらの種のゲームに比べれば、
 競馬はずっと参加者が有利に進められる
 ゲームです。
 70% - 80% の間で胴元の回収額があるので
 簡単なゲームではありませんが、この種の
 ゲームは勝つのが当たり前だと考えておい
 た方が良いです。
 このゲーム性から筆者は競馬は"お金の使
 い方"が勝敗を分けると思っています。
 現在負けているなら、あなたの考え方を
 改める必要があると思います。
 競馬というのは買い続ければどうしても
 当たってしまいます。
 まして、お金を投資しており、わざと外す
 よう頑張っているわけではないので、
 どこかで当たってしまいます。
 どこかで当たってしまうことが分かって
 いるので、後は耐えれば良いだけの話
 です。
 それでも、素人は呆気無くメンタルが
 やられてしまいます。
 何故でしょうか?
 次節以降に詳細は説明します。
 筆者の経験上ですが、素人の耐えられる
 外れ回数は連続3回位です。4レース目から
 は明らかに集中力が低下してきます。
 ただ、不思議なものでチャンスが訪れるの
 は諦めた4レース目、5レース目が多い
 です。確率がそうなんでしょうね。
 そして、隣を見ると顔面蒼白に
 なっていたりorz
 勝負の神様は、実に残酷ですね
 (2016.01.06)

>トップへ

■素人は打たれ弱い!?

space

 勝つだけが競馬ではないので、
 カメラで馬を取って楽しんだり、
 騎手を追いかけて楽しんだり、
 それでも良いと思います。
 スポーツとしての競馬で楽しんでも、
 エンターテイメント性で楽しんでも、
 それは健全で良いと思います。
 しかし、これだけは言えそうです。
 勝ちにこだわった競馬をしないと、
 競馬を本質を知ることはできない
 ようです。
 何故あの馬は負けたのか、
 何故あの騎手は今日乗れていないのか、
 あの調教師は何を考えてあのような
 発言をしたのか…
 何も分からないまま、競馬が
 終わってしまうでしょう。
 馬の見方一つ習得することはないようです。
 秋の東京開催は家でテレビを見ることが
 多かったのですが、まぁ、テレビに出て
 いる方々は何をもってあんなに無責任な  発言をしているのか良く分かりません。
 カンペが出ているんでしょうか…
 外しても平気な顔をしています。
 こういうのを厚顔無恥と言うの
 かもしれません。
 本当にワザと視聴者の方を負け馬に
 誘導している様な気がします。
 予想を外すから無責任なのではありませ
 ん。儲からないから無責任なのではあり
 ません。
 誠実さに欠けるから無責任なのです。
 エンターテイメントだから良いのでしょう
 か…
 エンタメならテレ東の方がずっと
 良いと思います。
 名誉のためにも、岡部幸雄さんはそんな
 ことはありません。馬を見る目、馬への
 考え方がしっかりしており、視聴者にも
 それを伝えております。
 アンカスは良く分からないですが、
 悪くないと感じました。
 まぁ、いいや…
 2つのことについて考えましょう。
 先ずは、"馬の勝ち馬になる確率"について
 です。競馬と言うのは、1番手評価の馬か
 2番手評価の馬が連対する率が約72.39%あ
 ります。複勝率は約79.75%です。
 人気馬ではなく実力上位馬です。
 これを3番手評価まで含めたところで、
 連対率約80.37%にしかなりません。
 もしあなたの軸馬が50.00%の確率で合っ
 ているならば、この馬から流せば
 72.39%×50%で約36.20%くらいの的中率
 を持っていることになります。
 筆者は人気馬目線で統計データを取った
 ことがないので、1番人気、2番人気の
 連対率を知る術がありませんが、上記の
 実力上位2頭の数値を上回ることはないと
 思います。
 それ以前に、人気のあるなしは競馬を
 する上で何の役にも立ちません。
 オッズは意味のある数値何ですがね…
 それで、紙面上の無印級の馬、二桁人気
 馬の連対確率は約9.20%、複勝率は
 約19.02%あります。
 競馬において、本命サイドと大穴は無視
 できません。本命サイドは2頭で、大穴
 サイドは6頭前後いる訳ですが、ここを
 無視しては競馬で勝つことはかなり難しい
 のではないかと考えています。
 特に、競馬というのは大穴が来て当然、
 と思っておいて差し支えありません。
 実力上位5頭での連対決着というのは、
 レース全体の内の約45.40%で、
 それ以外は穴馬が突っ込んできている
 ことになります。
 筆者が競馬を始めた時は、3連単が
 後半3レースのみの発売とかそんな
 感じの時代でした。
 ですので、馬単と3連複の全盛期。
 筆者の周りでは何故か、万券以外は
 馬券じゃねぇ!という風習がありまして、
 筆者もそれに乗じて馬単で万券を
 創るようにしていました。
 今考えると何故3連複で買わなかった
 のか良く分かりませんが、何故かその
 時は馬単で馬券をずっと買っていました。
 3連単への発展を考えた時にこっちの
 方が良いと思っていたみたいです…
 そんなこんなで、筆者の手元データ
 には必然的に勝ち馬の連対率についての
 データが充実しています。
 上記のデータは、
 その数値を使いました。
 さて、もう一つ。
 あなたの耐久力について。
 これは別にメンタルがどれだけ打たれ
 強いか、的な話しをする訳でなく、
 どれだけM気質が強いか、
 それが問題だという話をしているので
 あります。
 そもそも世の中の成功者というのは、
 特にアスリートの成功者に顕著に
 出ているのだが…
 あぁ、関係ないと…失礼しやした。
 そう言えば、面白い話があって、
 五反田好きの知り合いがいるんだが、
 この人は平気でアイドルにビンタを
 くれだの、踏んでくれだの…
 えっ!?違いましたね…
 先日有馬の日にすれ違った若人二人組
 の一人が、あれは5レースか6レース位
 だったと思うが、
 「ヤバイ既に(2万とか3万とか?)やられて
 て、このままじゃ有馬まで持たないかも
 …」と言っていました。
 初心者はコレと同じようなことをして
 いるケースは実に多いです。
 初心者とか素人という言葉は、
 競馬で負けている人のこと指します
 知識が多くても負けているなら、
 初心者と変わりませんよね。
 国分優作みたいなものですね。
 競馬は勝っていても、負けていても掛け額
 をどんどん大きくしていくゲームです。
 負けている状態なら、掛け額を大きくして
 回収すれば良いだけの話だし、勝っている
 なら更に資金を増やせば良い。
 理論が合っていて、期待値が稼げている
 なら最終的には勝たざるを得ない。
 あなたの耐久力と言っているのは、
 資金量の話だ。メンタルの話というのは
 彼の話で済んでいる。
 結局、勝ち馬の率も自分の的中率も良く
 分からない中で競馬で勝とうとするから
 負けが込んできて自発的にメンタルを
 キツくしているだけの話である。
 自滅しているだけの話である。
 しかし、率を知っていてそれに合わせて
 投資していくならばメンタルがキツく
 なることはない。
 メンタルに頼らざるを得なくなって
 いるのは、偏にあなたの理論が間違って
 いるかしっかりしていないことに原因
 があります。
 理論が合っているなら、理論通りに
 実践すれば、既に結果は見えています。
 まぁ、競馬だけでなく全ての投資活動
 がそうだと思います。
 10%の的中率で投資を行っているなら、
 1日1レースも当たらないこともある
 だろうし、今日がダメなら明日で
 と思う余裕もあるものだ。
 50%程度の的中率で投資を行っているので
 あるならば、3レース程度外したところで
 5,6レースもやれば当たるだろう。
 何もわからないまま外し続けるから、
 不安と恐怖が倍増していく。
 知っていれば、どうってことはない話だ。
 資金量の話というのは、現在あるお金を
 どう投資していくかという問題である。
 何故、こんなことを考えなければなら
 ないのか、というと一つはゲームに勝つ
 ためではあるのだが、もう少し言うと
 破産しないため。
 そしてもう一つは、冷静に競馬を行うた
 め。メンタルの話ですね。
 ちなみに、期待値で競馬を行う際には
 メンタルは考えなくて良いですが、
 資金量の分配は常に考えなければならな
 い、重要事項です。
 ベット額を決められる投資において、
 一定額で買い続けることは、スピードを
 遅くするだけですからね。
 長くなりそうですので、次回へ続く
 (2016.01.06)

>トップへ

■効果的な馬券の買い方

space

 馬券は何点くらい買うのが適切なのだ
 ろうか?
 筆者も馬券の最適化をしたことが
 ないので良く分からない。
 筆者の個人的な意見だが、
 馬連なら2点若しくは3点、◎○▲、
 ワイドなら1点若しくは2点で充分だと
 思っている。
 点数を買えば当たりやすいと考える
 人は多いようだが、果たして本当に
 そうなのだろうか?
 多点数買いは、何かが欠けている
 気がする。
 多くの人は3連単で馬券を買うの
 だろうが、筆者の経験上だが
 馬連系かワイド系の発展から3連単
 を買うのが良いと考えている。
 馬連系 ◎-○、▲
 ワイド系 ◎-○
 この買い方は分かり易いのが、
 特徴だ。3連単を的中させるには、
 馬連かワイドの的中率を上げれば
 良く、それには、◎の選択が
 最重要課題になる。
 何点買うかは馬が決めるが、
 ある程度点数が増えても対応し易い。
 ということは、より穴馬を拾い
 やすいということになる。
 馬連は3連単の発展で効果を発揮
 するだろうし、ワイドは3連複の
 発展で効果を発揮する。
 基本形を上記2つにし、これに対して
 レース毎に単勝系や馬単系が出て
 くるので、臨機応変に対応していけば
 問題無いでしょう。
 ところで、筆者の個人的な意見だが、
 馬券は3連単を1点で当てるものだ、
 と考えておいた方が良いと思います。
 馬券下手という人が偶にいます。
 何ですかね、馬券下手とは?
 予想は合っているが、馬券の買い方
 が下手だから外す人のことらしい
 です。
 あぁ、そう言えば、競馬を予想する
 というんでしたね。新聞を見ている
 人は予想をしないといけないんです
 ね。逃げ馬が少ないから、逃げ有利
 とか。予想というのは勝ち馬を予想
 しているんでしょうが、思えば筆者
 の行動の中に予想は無いですね。
 前走のレースを見て、期待度を出し
 て、馬を見て買うだけですから。
 この距離ならとか、
 競馬場がどうとか、
 この展開ならとか
 隣で言ってましたが…
 まぁ、結果は…
 そう言えば、筆者は金杯で
 マイネルフロストを◎にしたのですが、
 相方は逃げ馬らしい逃げ馬がいない
 から、こいつから買ったと
 言っていましたね。
 なるほど…
 最初からペースが遅く、
 62秒の縦長で後組は63秒。
 フルーキーは64秒台で前半戦で既に
 勝機なし。
 唯一早目に捲ったのが、池添の馬で、
 池添を買っていないとかで隣で
 外してましたっけ。
 ベルーフ除外なら、デキが悪くても
 池添を買わざるを得ない状況だったのに…
 ところで、この予想するって行為
 これに問題があるのではない
 でしょうか?
 知り合いの馬券師に、
 「予想なんかしない」という人が
 いました。話しを聞くと「直感で
 買うと。」もう少し話しを聞くと、
 昔は、何時間も掛けて、前日から
 新聞を読んで予想をしていたそう
 です。しかし、全然当たらないと。
 予想をしても、しなくても同じだ
 と、それで予想をするのを止めて
 しまったそうです。なるほど。
 競馬のスポーツの側面から逃れる
 ことはデキませんので、強いか
 弱いかがあって、そこに不利や
 有利、当日のコンディション
 云々が…
 まぁ、いいや…
 何の話でしたっけ?
 まぁ、馬券下手でも予想上手でも
 何でも良いですね。
 的中させていけば良いんですね。
 馬券の買い方で一つ筆者の経験上
 分かっていることがあって、
 甘く入れば競馬は負けるという
 ことです。
 詰まり、この変化の激しい現在に
 おいては、何時までも甘ちゃん
 じゃいけないということです。
 「ハンバーーグ!」って言って
 ナンボのもんです。
 先日、競馬を余りやったことの
 ない初心者の方と競馬に行きまし
 た。その人は、
 「自分みたいな競馬を余り知らな
 い人は、競馬は負けるものだと思
 っています。」と言っていました。
 序に、「当てられれば、御の字
 です。」位の感じで話しをしてい
 ました。
 最初のレースの馬券をちらっと、
 見ました。3連複1点とか2点買い
 です。
 言葉とは違って、やる気満々じゃ
 ないか!というか、随分と厳しい
 所を攻めるなぁ、と思っていまし
 た。
 たぶん、馬券の買い方とか確率
 とか良く分からず買っていたから、
 そんなことになっていたのだと思
 います。
 2レースが終わって、
 「その点数でよく当てますね。
 選んだ2頭は合っていますね。
 大したものだと思います。」
 と声を掛けて起きました。
 現に、相手馬も4着とか5着とか
 でニアピンが続いていました
 から。
 本人的にも何かを思ったらしく、
 買い方を買えました。馬連、
 ワイド、単勝も買い始めます。
 何レースか当ていたようです。
 帰りに収支を聞くと、何とプラス
 だと言うじゃないですか!?
 ちょっとびっくりしました。
 「3連複は難しかったですが、
 馬連とか単勝なら当てることが
 できました。」
 と言っていました。
 その次の週です。今日は大障害。
 前々から障害レースを見たいと
 言っていました。
 本日は前回の反省を活かして、
 3連複ではなく、馬連とか単勝とか
 ワイドが中心のようです。
 11Rが終わった所で、マイナスだと
 言っています。なるほど。
 最終、「勝つかはちょっと怪しい
 けど、現級でも嘗て走っており、
 西からわざわざ遠征してきていま
 す。鞍上はこの一鞍しかレースが
 ないので、元気一杯です。」と藤懸
 の馬をプッシュしておきました。
 結果、甘い乗り方で3着。
 話しを聞いてみると、今日は1Rも
 当たっていないと、マジでかΣ(゚Д゚)
 「…競馬は的中云々より、
 お金の使い方だけで決まります…」
 と言っておきました。
 筆者の経験上ですが、何時も3連単
 を買っている人が、3連複を当てる
 ことは難しいことではありません。
 そもそも、3連複が当たらなければ
 3連単が当たる筈もありません。
 しかし、3連複を狙いだした瞬間
 から3連複で当てることが難しく
 なります。
 そしたら、馬単に落とします。
 馬連にします。枠連にします。
 ワイドにします。単勝にします。
 複勝にします。
 そして、複勝を当てるのも大変に
 なってきます。
 3連複を1点、2点とかで買っている
 人がワイドや馬連、単勝を当てる
 のは当然のことです。3連複の当
 たりはその先にしかありません。
 複勝なんてお茶の子サイサイです。
 厳しく馬を選定しているのです。
 相手馬は買いたい馬が何頭もいて
 も選べるのは、1頭、2頭の話です。
 しかし、馬連に落とせば、条件馬が
 降級するようなものです。
 勝って当然です。
 しかし、レベルを落とせば、そこで
 戦うことに苦戦し出します。
 何故だが、この傾向は一般的に見ら
 れます。筆者自身もそうです。
 だから、その日最初のレースは重要
 な意味を持ちます。
 厳しく攻めてこそ、意味があります。
 新馬戦で当てることは意味を持ち
 ます。穴馬を狙うことは意味があり
 ます。
 厳しい所を攻めて当ててこそ、
 勝ち続けることができる訳です。
 これが、多点数買いに欠けている
 所です。
 そして、3連単を1点で当てるという
 意味も…要するに國士舞双ですわ!
 まぁ、こんな所です。
 結局、期待値で買った方が良くない
 ですかということですかね。
 そうそう。  競馬で勝てる人って全体の何%位
 いるか知りませんが、10%位ですかね。
 身近にいる人は殆ど負けてますが、
 勝ってる人を1人知っているので…
 まぁ、いいか。
 取り敢えず、みんな負けてるなら
 というか、負ける行動を取っている
 から負けてるんでしょうね。
 みんなと同じ行動を取って勝てる
 何てことはないので、
 普通の行動、考え方で…
 長くなりそうなので、まぁいいか。
 新聞何て拡げても負けるだけですよ。
 負けてる人間の話しを聞いても、
 負馬しか分からないと思うのですが…
 そんなに、水戸ちゃんが好き
 なんですか!?
 アベコーじゃダメ何ですか??
 (2016.01.07)

>トップへ

■資金分配の仕方

space

 折角だから、前述の若人のパターンで
 考えてみましょうか。
 たぶん、会話から察するに5レース位で
 3万程度失っているということで、
 有馬まで持たないかもと言っていること
 から5万か6万程度競馬用に持ってきたん
 でしょう。5万にしましょうか。
 この場合、先ず、当日のレース状況から
 初期投資額を決めます。
 この日はPCを持たずに現地競馬を行った
 ので、平勝負です。腕が鳴りますね
 ☆彡 (・`Д´・)o
 昔は中山開催だろうと、開催外だろうと
 指定席にPCを持ち込んで、ガシガシ
 やったもんですが、今は競馬場に行った
 時はスマホのみで、平で勝負します。
 開催外は自宅で見るか、
 気が向いたら東京まで行くかですね。
 新聞なんて一生懸命見ても、
 何も載っていませんよ!?
 そう言えば、新聞といえば、金杯の日
 に中山に行ったら、隣のおっさんが
 「何十年と新聞を見ているが、
 新聞何か見ていても全く当たりもしねぇ。
 だけどよ、ダート馬で体の大きい馬が
 いるだろ。こういうのを買うと来るん
 だよ!芝馬だとちっこいのがいるだろ…
 …新聞なんか役に立たねぇ!」
 おぉ、おっさん良いところに目を付けた
 なぁ。しかし、気付くの遅すぎんだろ!!
 確かに中山・船橋・大井辺りだと…
 あぁ、お呼びじゃないと…
 因みに、芝馬のちっこいの400前後の馬
 とか言ってましたが、そっちは勝ち馬
 との相関関係がありませんの悪しからず。
 話を元に戻して、
 先ず、前以って中山1R、3R、9R、10R、
 11R、阪神9Rが勝負馬のいるレースである
 ことが分かっています。
 この6Rが勝負レースであり、負けていれば
 回収レースになります。
 普通なら、全負けでも11Rで回収できるよう
 資金分配を考えなければなりません。
 11Rで1万程度つぎ込めるようにしておきます。
 筆者なら買いたいレースを1レース1,000円
 程度、勝負レースを2,000円程度に抑える
 ようにします。
 ただし、自分の的中率が分かっているな
 ら、特に勝負レースなんかは、もっと資
 金をつぎ込んでも問題ありません。
 ただ、いっても1万以下ですかね。
 普通のレースの10倍程度で考えておきま
 す。
 ちなみに、当日は有馬記念ですので、
 有馬のために2万は別物扱いにします。
 各レースで儲かったプラス分は全て
 有馬に回す資金配分にします。
 心情的には、有馬はかなり自信があったの
 で、有馬5万でも良いのですが、それは
 やっぱり素人の買い方だと思います。
 1R目は勝負レースです。戸崎-デム軸で
 自信があります。相手はルメと
 隼ミカリンです。3複で流します。
 ここで上げた馬券は、当日筆者が
 現地で実際に買った馬券です。
 にしても、込んでいます。
 窓口買いは死に体をなしていますので、
 PATで買うことにしました。
 返し馬を見て買っている余裕はありま
 せん。
 実際の資金量は2倍程度にしました。
 今回の縛りなら、1点1,000円の計2,000円
 が妥当でしょう。的中です。
 累計2,000円です。
 2R。今日は競馬になりません。
 既に嫌気が差してきました。
 買いたい馬がいないので、
 見ていることにしました。
 3Rは勝負レースです。ルメからですが、
 カマクラの方が良く見えます。
 ルメ-カマクラ軸で買います。
 馬連とワイドで、1Rよりかなり自信が
 あります。
 実際は5倍程度まで資金量を上げましたが、
 今日は有馬記念まで我慢しましょう。
 2倍で1点1,000円です。的中です。
 累計4,000円。
 そう言えば、5年以上前に中山で新馬戦の
 パドックを見ている時に、
 「新馬はケツ一発だ!」と言っているおっ
 さんがいました。話しを聞いていると、
 何やら4Rの新馬戦ででっかい馬券を当てた
 ようです。隣のおっさんが関心して聞いて
 いました。"ケツ"は"穴"に通じますから、
 まぁそういうことなんでしょう。
 カマクラを見ていてそんなことを思い出
 しました。まさに、「ケツ一発」ですね。
 パドック映像で確認してみてください。
 4Rは見てました。午前中レースはここで
 お終いですが、筆者自身全然乗ってきま
 せん。人が多くて集中できません。
 冷静に考えられないのなら、抑えるのが
 吉ですね。
 競馬は毎週やってますし、
 毎日やっています。有馬だけ買えば良い
 ですね。
 大体このパターンは最終になってやっと
 本来の競馬ができるようになります。
 5Rは普通のレースです。デム-岩田軸
 から3複で相手4点。
 1点300円とかにしておきましょうか。
 ハズレです。
 累計5,200円です。
 6Rはキャプテンシップ以外糞駄馬です。
 全く買いたい馬がいません。
 当日はしょうがないので、単複を買い
 ました。当日は資金量を10倍位に
 膨らませ、複勝をかなり買いましたが、
 今回は普通のレースですので、
 500円ずつ買っておきましょう。
 的中です。
 累計6,200円です。
 因みに、通常時の筆者ならキャプテン
 シップから穴馬に流します。
 ここが勝負所と言えます。
 厳しいところで当ててこそ、意味を
 なします。そして、当日の筆者は既に
 萎えています( ゚д゚)
 7R。さて、相方とも分かれ仕切り直し
 です。丸山からワイドで
 ジュヴルエールとタケルへ。
 4着、3着、6着です。
 1点500円で、累計7,200円。
 2階の1角窓口付近で、別の知り合いと
 合流し、一番空いている4角窓口へ。
 こういう場合、中山で一番空いて
 いるのは4角地下窓口になります。
 8Rは川田からクロスボウ1点ワイド
 で、3着、4着で、全然乗ってきま
 せんね。
 3複買えるほど、馬が見れない。
 知り合いは、馬券だけ買って家で
 見ると言って分かれました。
 それが正解ですね…
 テレビ映像を見るのも一苦労です。
 そしたら…パドックへでも行き
 ますか。
 1,000円使って、累計8,200円。
 9R勝負レースです。馬を見て、
 こここそ本当の有馬記念だと確信
 します。勝負馬はルメ。当然相手
 はハートレーです。
 この馬春のステップでも強いと
 思いますよ。
 この馬に比べたら、ロードクエス
 トなんてちっちぇー、ちっちぇー
 って感じでしたね。パドックでは。
 実際は資金量を20倍まで増やしま
 したが、今回は2倍にしておきま
 しょう。
 3複で4点か5点買ったのですが、
 どちらか覚えていません。
 取り敢えず、5点にして1点400円
 で、2,000円にしましょう。
 累計10,200円。
 パドックで居残りですね。
 結果は見てませんが、
 有馬の馬券を買った時に、
 PATの残金が増えてました。
 本日のメインです。
 馬を見たら、想像以上に駄馬レース。
 池添がいないからしょうがない
 ですね…
 目ぼしい馬は2頭のみ。
 一応、前走画像を確認し、
 殆どの馬がデキを落ちしている。
 肝心のアルバートは前走ほどじゃ
 ない。走れなくはない、程度。
 ここでかなり萎えてきて、早目に
 パドックを去って、4角本馬場へ。
 1本メールを送信。14:54。
 ここで考えるべきは、現在までに
 使っている額10,200円と手元資金
 39,800円をどう使っていくかという
 ことです。
 勝負レースは残り2つで、仮に全外
 しなら、そのレースで10,200円分
 位は回収しなければなりません。
 勝つことだけを考えるなら、
 この時点で馬を見て有馬の期待値
 はかなり下がっています。
 他者関係を考えても、12Rのアル
 ティマブラッドの方がずっと
 期待値が高いです。
 資金分配の比率を変え、勝負レー
 ス、残り5レース外し続けても
 耐えられるようします。
 この日は2レースしかないですの
 で、後3レースは翌年に繰り越しの
 形を取ります。
 そして、馬次第ですが、
 アルティマブラッドを資金量10倍
 で想定しておきます。
 それに合わせて、有馬の資金量は
 決まります。
 まぁ、全外しなら2倍が妥当です。
 どうしてもというなら、4倍です。
 それ以上は、最悪のケースが起き
 れば破綻します。
 因みに、今回の場合はここまで、
 払い戻し10,710円分。トントン
 ですね。
 公約通り、有馬の初期資金2万と
 合わせて、約3万円です。
 筆者は当日朝、相方とあって競
 馬場に行ったのです、その時
 「アルバートは幾ら考えても、
 負ける要素が見当たりません。
 ここが勝負ではありますが、
 春天の方が更に良いです。
 仮にここで負けたとしても、
 春天で回収できると思いますので、
 今回投資しようとしている資金の
 1割は念の為、春天の為に取って
 おいてください。」
 と言っておきました。
 実際、春天かステップで回収できる
 と思っています。
 若かりし頃なら、一発必中で有馬に
 全ブッコミでしたけどね。
 筆者も老いたということですよ。
 閑話休題。
 本馬場に出て、どう転んでも買う
 だろう馬券を購入。
 殆どアルバートからで調子の良い
 2頭も購入。
 返し馬を見て、目ぼしい馬はいない。
 結局迷った末に、アルバートから
 買っていなかった駄馬共へも流し、
 どう転んでも当たるようにした。
 全流しってことですよ。
 『あぁ、酷い競馬だ。』って内心
 思いつつも。
 結局当日は当初予定資金の1/4位しか
 使っていない。
 普通レースの30倍程度です。
 ってことは、元々は普通レースの120
 倍くらい買う予定でいたんですね…
 今気づきましたが、恐ろしいですね…
 ただ、勝負レースが凡レースに降格
 することは良くあることです。
 1円も買わないことも良くあります。
 結局、資金1割残しも2割残し位に、
 持ち越しに。
 というかここに至る過程で全く胸が
 踊らない。
 ファンファーレを聞いてもイマイチ。
 有馬だと始めてモチベーションだが、
 まぁしょうがないか…
 馬場にいる時に、別の知り合いから
 電話があり、今着いたと。
 確か、片方がリアファルからと言って
 いて、片方はキタサンとか言っていた
 かな…?
 筆者も馬を見ても全然分からなかった
 ので、余計なことは言わずセオリー通
 り「外人はいいんじゃないですか。」
 とだけ答えておいた。
 馬券は全種買いました。
 アルバートが来れば、結構大変な
 ことになります。
 さぁ、いざ勝負!
 スタート後、4角でペースが既に上がら
 ない。明らかに遅い。
 前半で1分2秒。
 そして、何故かアルバートは後方番手
 まで下がっている。
 『前走のビデオちゃんと見たんか!?
 ダイワマッジョーレじゃないだぜ!!』
 この展開は、ゴルシの早仕掛けで、
 後半ラップを刻ませ、タフなレースに
 する以外アルバートに勝機はない。
 で、肝心のゴルシは"往年の力がねぇ!"
 後半もペースが上がってこない。
 『う~ん…勝ったらディープだなコレ。』
 と思いつつ、4角へ。
 脚は使えているが、大外ブン回しという、
 『全然乗り方違ーよ。って言うか、それ
 想定していた最悪のケースの乗り方じゃね
 ーか!!』
 そして『ダービーフィズ邪魔なんです
 けど。一頭分外走らされているよ…』
 目の前の速度を見て、『あって、3着。
 なし崩しに脚を使ったから…あぁ、坂下
 で脚色が同じになったわ…う~わ~…』
 先頭に目を移す。ゴール前で200m位で
 ゴルアクが頭に立ったのは見ていた。
 『終わったわぁ…』と思ってぼんやり
 見ていたら、何か突っ込んで来ていた
 が、最早関係がない。
 モニターを見ていると、黄色い帽子で
 9って書いてある。
 『あれ、サウンドオブアースだっけ…
 サウンドオブアース!?、7-9…!?、
 7-9だよな、調子の良い2頭じゃないか!?
 3着何だ、キタサンは買ってねぇから、
 マリアライト差せ!!あぁ…』
 『PATに最初に入れたのが、調子の良い
 2頭+ラスインの組み合わせで、幾ら
 買ったけなぁ??枠連、馬連、ワイドを
 持っているんだが、投資額が分から
 ない…ワイドは厚めに買ったんだが…』
 復活当たりですね。
 今考えるとかなり助かりましたが、
 当時は全然嬉しくなかったです。
 『なんだじゃ、コレ!?』と思いつつ、
 3着馬がゴール後直ぐに踵を返すと、
 時間にして5秒後位とかでしたが…
 周りの人達の『啞然とした顔』にびっ
 くりしました。喜んでいる人など周りに
 丸でいないかのように、みんな呆然とモ
 ニターやらゴールの方を向いているで
 はないか。
 正に、負のオーラが漂っていました。
 ちょっと一瞬怯みましたが、『アルティマ!』
 と思い返し人を掻き分けて扉の方へ。
 扉の前で喜んでいる人をチラホラ見か
 けた程度。南無。
 流石にパドックは空いていて、何時もの
 ポジションをゲット。
 さて、やっと競馬できる!!!
 アルティマを一目見て、先ず大丈夫!
 相手馬は…馬を見ていると知り合いから
 電話。喜びの電話だと思って出てみると、
 おぉ、矢作師並に切れているではないか。
 「アッゼニは何であんな後ろにいるんだ!!」
 とのこと。
 あれっと思ったが、暫く話しを聴く。
 一段落して、メール見ましたよね、
 と聞く。「メールっ??」と。
 マジかこの人( ゚д゚)
 別れ際に、有馬の馬を見たら、電話する
 と言ってきて、電話だとこっちが集中し
 て見れないので困ると話して、それなら
 メールで云チャラカンチャラって言って
 別れたので、取り敢えず良く分からない
 ながらも、ロクでもない馬を薦める訳
 にもいかないから、かなり厳しめに見て
 送った苦肉の2頭だったんだが…
 筆者的には近走のGⅠの中でもかなり難
 しい部類のレースだったのだが。
 駄馬しかいないからこうなる。
 こうなると、デキ一発で買うしかない。
 「純粋なデキのみなら、7,9。
 後は本当に分かりません。
 ラブデイは間違なくない、デキは良くない
 です。
 とは言え、広めに買ってください。」
 これが送った原文です。原文そのまま
 ですので、誤字があります。
 後で聞いたのですが、帯封になるように
 アルバートから馬券を組み立てていた
 ようです。まぁ…南無、南無。
 もうちょい行きますか。
 ゴルアクの何がそんなに良かったのか
 というと、単にトモのハリです。
 毛艶も黒毛系の中ではピカピカでしたね。
 ゴルアクは菊花から見ていますが、
 菊花以降菊花以上のデキで出てきた
 ことは、一度もありません。
 アルゼンチンはデキは悪くなかった
 ですが、トモのハリがイマイチでした。
 1600万下を買った時より、下ですね。
 仕上げていないのは分かりました。
 それで、今回は前走より2周り、少なく
 とも1周り以上トモがパワーアップして
 いました。菊花賞以上のデキで、この
 メンバーではこの時期に随一のデキと
 言えます。
 嘘だと思うなら、パドック映像を菊花
 から、見比べてみると良いでしょう。
 そもそも、有馬はここ何年と見てい
 ますが、デキ一発のレースです。
 古くは、ダスカから始まって、
 シェイディもブエナもドリジャーも
 オルフェもトゥザグロもフラッシュ
 もゴルシもデキ一発で走っているだけ
 です。
 後は、サウンドオブアースですが、
 JC5着からとかで、馬体はその時より
 上です。臨戦過程はJC時に書いた通
 り有馬仕様です。騎手は下手に乗り
 続けていますが、あっさりラブデイ
 辺りに負ける様な弱い馬ではありま
 せん。
 京都大賞典時にはボッテってました
 が、今は筋肉量充分という感じで
 でした。
 皮膚は薄く、他の馬に比べたら、
 しっかり仕上がっています。
 トモがパワーアップしています。
 やっぱり、社台の馬は本気度が違い
 ますね。このレースが年内GⅠ勝ち
 の最後のチャンスでしたから。
 タフな中山馬場ではトモアップは
 重要な要素です。芝もダートも
 両方です。
 ラブデイに関しては、完全にガス欠
 状態です。というか、1600万下でも
 もう少しまともな馬がいるぞ!!
 って思いました。
 他の馬に格負けしており、馬が
 小さく小さくなっています。
 トモが薄いです。艶も最早死んでい
 ます。コレで490キロかよって
 思いました。
 秋天と比べたら、別馬です。
 比べてみると良いかもしれません。
 後は、ゴルシ。トモが弛んだまま
 引き締まりませんので、もう走れま
 せんよね。ビッグレッドに入れる
 ので、調教師が仕上げなかったの
 でしょう。2000万目当ての馬です。
 この辺にしておきますが、
 全馬覚えているので書けますよ。
 パドックの光景とレース内容だけ
 は頭の中に叩き込んでおいて下さい。
 知っているのと知っていないので、
 全く勝率が違いますから。
 GⅠも平場も全てなるべく多く、
 出来る限りです。
 ここは冗談抜きです!!!
 そう言えば、小さく小さくで思い出
 しましたが、先日ディープがハーツ
 に負けた時の有馬記念のパドック
 の話しをしている知り合いの方が
 いまして、…
 まぁ、いいや…
 その内、別の知り合いから電話があり、
 パドックで合流することに。
 しかし、上手く合流できない。
 電話も上手く繋がらなかったり、
 繋がったりで…
 そんなこんなで返し馬をちゃんと
 見ていない!
 相手馬も良くわからない!
 しょうがないから、石川を相手に
 馬連でちょこっと購入。
 4着。南無。
 こうなると、ファイナルSだが、
 最終なのに人が多過ぎて、競馬が
 できない…諦めると…南無。
 11Rは普通のレースと同額で1点
 買いにしましょうか。
 累計11,200円でフィニッシュ。
 有馬は、プラスですが、今回の
 ケースに当てはめるのが難しい
 パターンになってしまいました。
 普通に当てはめるなら、1万
 プラス位ですが、トントンという
 ことにしておきましょうか。
 全体でもトントン位ですか。
 上手くいきませんでしたね。
 というか、今考えても酷い競馬
 内容でした。
 馬券の買い方にやる気が感じら
 れませんねヽ(`Д´)ノプンプン
 資金の使い方と考え方は
 こんな感じです。
 資金量にさえ気をつければ、
 馬券の種類は何でも良いです。
 3連単でも単勝でも通期で見れば
 お金の増減は余り変わって来ま
 せん。
 増え方の早いか遅いかの違い
 だけです。
 ブレが大きいか小さいかの違い
 だけです。
 3連単が一番儲かるような錯覚
 を抱く人は多いですが、回数を
 施行するれば他の種の馬券と
 増減額は余り大きく変わっては
 きません。
 それよりは、期待値に着目しな
 いと意味がありません。
 嘘だと思うなら、シミュレー
 ションさせてみると良いでしょう。
 但し、少頭数で的中させるのが
 得意な人は、3連単の方が有利
 に働くことは間違いありませんが。
 (2016.01.07)

>トップへ

■お金を使うべき所

space

 お金を使うべき所の選定に間違う
 ことは多いものです。
 「7割の成功率が予見できれば
 事業はやるべきだ。
 5割では低すぎる。
 9割では高すぎる。」
 とは、孫正義氏の言葉ですが、
 投資すべきタイミングとは
 まさにこの通りです。
 2つの間違いについて触れて
 おきましょう。
 付くか付かないかで判断する人
 がいます。付かないから買わ
 ないというパターンです。
 勝率を稼げるなら買います。
 それは、結果が予測できない
 からです。
 付かないと言っているのは、
 前提条件に人気サイドの決着を
 想定しています。
 しかし、決着まで分かるのは
 ラプラスの魔だけです。
 そのレースを諦めるかどうか
 は馬が決めます。期待値が
 稼げる穴馬がいるなら問題
 ありません。
 もっと、自然の流れの中で
 競馬をやった方がよいでしょう。
 もう一つは折角競馬場に来たの
 だからと、少額でも馬券を買う
 人です。
 勝率が見積もれない、低いが
 買い続けるというパターンです。
 これについては徹底して調べたこ
 とがありますが、筆者のパターン
 では回収率が100%を超えることは
 ありませんでした。
 施行回数を増やせば、殆どの方
 がマイナスになるのではないか
 と思います。
 しかし、そこを我慢できる人は
 極僅かしかいません。
 大体は、遊びでとか言って買っ
 てその遊びで自分の資金量を目
 減りさせ、肝心の勝負所で自滅
 します。
 遊びで馬券を買うなら、徹底
 した大穴狙い以外に勝つ方法は
 ありません。
 ちょっとした穴狙いでは全然
 回収率が足りません。
 大穴(やまかわ)一撃以外に回収
 率が100%を超えることはありま
 せん。
 レースの考え方ですが、1日に
 あるレース数は24Rか36Rになり
 ます。
 これに区別を付ける意味はあり
 ませんので、第3場だから買わ
 ないという選択をする意味は
 ありません。
 というか、第3場が一番期待値
 を稼ぎやすい競馬場の筈です。
 競馬はやればやるほど収支が
 配当率に近付く賭け事ではあり
 ますが、できるだけ数を稼がな
 い増やし続けることが難しい
 です。  36Rあるなら、36R全て見た方が
 チャンスがずっと広がります。
 その中で、以下に0円投資のレー
 スを上手く見極めていくか、
 普通レースから勝負レースに
 昇格できるレースを探すか、
 そこが勝敗を分けます。
 普通レースは正直、それほど
 真剣になって買うレースでは
 ありませんが、勝負所というの
 は普通レースの中の辛い所に
 あるものです。
 それが勝ちに大きく貢献します。
 際どい馬を切っていき、穴馬を
 拾っていきます。
 第3場はこんなレースばかりです。
 騎手も信頼できませんが、
 そんな中にも勝負馬はいますし、
 信頼度が薄いなら、
 それに合わせた買い方で対応
 すれば良いだけの話です。
 ちなみに、有力厩舎は第3場
 まで持って行って勝負するケ
 ースはかなり多いです。
 特に西の厩舎には気を付けて
 下さい。
 勝負騎手もあからさまです
 から、見抜けるパターンが
 多いです。時間ができたら、
 騎手の項に載せます。
 ローカル騎手の傾向も
 覚えておいて下さい。
 中央でかなりの馬なら単勝
 1.○倍になってしまいますが、
 ローカルなら3倍前後とかで
 かなり期待値を稼げます。
 勝負レースというのは、ある程度勝ち
 が見えているレースです。
 勝率50%位からが対象になると
 思います。勝率に合わせて駆け額
 を変えれば良いのではないでしょ
 うか。
 後は分からないレースがあります。
 見ているだけで、充分です。
 軸馬も分からないのに、買っても
 マイナスを大きくするだけです。
 お金は使う時だけ意味をなします。
 勝負レースの時にだけ、お金が
 必要になる筈です。
 その時に、お金もメンタルも
 イマイチになってしまっていては
 どうしようもありません。
 最終的にはオテンテンになって、
 帰りの電車賃を貸してくれ、という
 ことになりかねません。
 というか、有馬の日にはマジでこう
 いう人いましたから!
 というか、中山最終が終わった後の
 あの慘劇の後のゴミの散らかり…
 あぁ、関係ない話でした…
 普通レースをこなし、0円投資レ
 ースを上手く捌いていく中で、
 チャンス所が見えてくる筈です。
 コツは普通レースを普通に買って
 も負けへの近道というか、
 みんなと同じ結果にならざるを
 得ません。
 普通レースは上手く穴馬を見つ
 けることにあります。
 そう言えば、今思い出したことが
 あって、昔万券を創るために馬単
 で馬券を組み立てていたのですが、
 どの穴馬から買えば良いのかを
 徹底的に調べたことがあります。
 万券が出る可能性があって、
 回収率がプラスで1日1回程度は
 出現する可能性がある買い方が、
 実力8番手(H)の馬から、1番手(A)、
 2番手(B)に裏表流すというもの
 です。
 一回期待値を出したんですが、
 そのファイルがどこにあるか良く
 分かりません…
 確か、馬単 H⇔A,B単独で買うか、
 ワイド系からの3複 H-A,B,C-…
 で買うかで万券の検討をして
 いました。
 ワイド H-A,B,C は単純買いでも
 回収率が120%とか150%位あったの
 ですが、そのファイルが見つから
 ないと…
 因みに、馬単も回収率は単純買い
 で100%超えているのは分かって
 いるのですが、ちょっとデータ
 打ち直さないと数値が出ません…
 出現頻度もワイドなら確か10%前後、
 馬単は5.21%(これはちゃんとした
 数値)です。
 それで、7番手評価(G)の馬という
 のも結構良くて、万券になる
 可能性もしばしば。
 馬単 G⇔A,Bの出現頻度は4.94%
 (正確値)。HかGのどちらから穴馬
 を拾って、本命サイドに流すのが
 ベストという結論を導いたのを思
 い出しました。
 最初は無印級の大穴、連対率
 約10%弱、複勝率約20%弱から買う
 ことを検討したのですが、無印級
 は複数頭いるので、その中から
 最適化して選び出してくるのが
 当時は難しくて、断念したのを
 覚えています。
 結局、GⅠでは無印級を買うが、
 平場は諦めたんでした。
 補足ですが、GⅠでの人気薄、
 それこそ無印級や10何番人気
 みたいな馬、の激走率は、
 平場における人気博の激走率
 よりずっと高いです。
 知っておいて損はありません。
 無印馬(特に3着が多いです)から
 本命サイドに流すだけで、ワイド
 単純買いでも年間収支はプラスに
 終わります。
 んで、回収率ですが…っと、その
 ファイルが見つからないんですよ。
 筆者の記憶だと、13(M),14(N),
 15(O)番手評価の馬が激アツで、
 ここから本命サイドに流した
 ワイドは単純買いでも各馬とも
 回収率が200%とか300%の騒ぎ
 じゃなかった気がします。
 ちょっとデータが無いので、
 はっきりとしたことは言えません
 が、500%とか1000%とかそんな
 感じだったような…
 何の話をしていたんでしたっけ?
 何を言いたかったか忘れてしまい
 ましたが、取り敢えず、勝負レース
 以外は普通に見、でも良いですが、
 馬だけは見ておいて下さい。
 スゲー馬が偶にいますから。
 太宰のサンデーからのお年玉馬
 とかね平気でいますから…
 オーロラポラリスとかそんな
 名前だった気が…
 何か、こいつと武と川田の馬が
 物凄くて…関係ないから
 後は、人気馬総崩れレースだと
 分かったら、人気薄一括買いは
 意味がある買い方です。
 ターコイズとかフェアリーとか
 ローカル重賞とか、荒れやすい
 レースは決まっていますからね。
 (2016.01.07)

>トップへ

■穴馬の探し方

space

 穴馬、穴馬言ってるけど、
 どうやって見つけるんだ
 ってところですよね。  一番確実なのは、強いが人気が
 ない馬を狙い撃つことです。
 これは、まあまあいます。
 12Rあれば、1頭いたりとかします。
 昇級馬、長期休養馬、
 降級馬、マイナー騎手騎乗、
 嘗て強かった実力馬、牝馬、
 相手関係的に人気を落とした馬、
 都落ちの馬、ローカルからの
 出戻り、2歳の地方競馬馬等々。
 強い馬の人気落ちは期待値が
 高く、素人でも見つけやすい
 のが特徴です。
 ただ、一番のオススメはデキと
 調子で馬を選定することです。
 これは、本命、穴馬、大穴だろう
 と関係ありません。
 というか、大穴を拾うのは
 コレ以外の方法だと中々難しい
 です。
 このやり方は、特に夏に効果を
 発揮します。冬も結構使えます。
 春と秋はデキに差は出づらい
 傾向があります。
 実際にはどうするかというと、
 最初っから軸になりそうな、
 穴馬に目をつけつつ、
 一番デキの良い馬を探すだけです。
 大体は、デキが悪いので、選択す
 るのは容易ですが、
 デキと仕上がりが判断できない人
 は、そもそも話になりませんが
 諦めるにはまだ早いです。
 勝ち馬の馬体には一般的に、共通
 したある特徴があります。
 芝とダート、障害とありますが、
 基本的にはどの馬も同じ様な馬体
 になります。
 小さい馬も大きい馬も、GⅠ馬も
 未勝利馬も似た傾向になります。
 当然、100発100中という訳には
 行きませんし、穴馬は元が実力
 のない馬ですので、何頭かに1頭
 走るという感じになってしまい
 ますが、期待値は確実に稼げます。
 画像は、「今週の有力馬」のとこ
 ろに随時載せるようにしましょう。
 細かいチェックポイントは幾つか
 あるのですが、取り敢えず、文書
 で大雑把に説明すると、
 毛艶がピカピカで(ブラッシングや
 油ギッシュとは区別して下さい)、
 トモにハリがあり、腹回りがシャクレ
 上がっており、前脚筋肉が隆々とし
 ている馬が最低限の選定ポイントで
 す。
 後は、歩様が、目の輝きが、ハミが、
 等々色々ありますが、まぁ…
 厩務員や調教師から勝負気配を図れ
 ることも多いです。
 後、返し馬一発もあります。
 ただ、上記の様な馬は100頭に1頭と
 かそんな頻度ですので、基本的には
 他者関係で決まります。
 また、細かく言うと毛色によって
 見方が若干違います。
 この辺はその内時間があれば、
 説明しましょうか。
 後は、外人の穴馬広いですね。
 詰まり"ナルファック"ってこと
 ですよ。そんなところです。
 (2016.01.07)

>トップへ

space
 競馬の統計学 > コラム > 競馬をする時のマインドについて
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】

当ホームページへの ▼▽ 応援メッセージ ▽▼ よろしくお願いいたします。どんなことでもOKです。

space

【A D】

【A D】

space