title logo
このエントリーをはてなブックマークに追加

ー 初来日の外人騎手は買えない ー

space
 競馬の統計学 > コラム > 初来日の外人騎手は買えない
space

space
 当サイトは広告収入により成り立っております。
 皆様のご協力、よろしくお願い申し上げます。

space
メニュー
space

■初来日の外人騎手は買えない

space

 初来日の外人騎手は、
 基本的には買えません。
 日本で競馬を行う上で、
 様々な面で不利を抱えているからです。
 2016年ですと、D.マクドノー騎手、
 S.フォーリー騎手、F.ヴェロン騎手、
 L.コントレラス騎手がそれに当たります。
 少し前ですと、A.アッゼニ騎手と
 H.ボウマン騎手です。

space

 現在飛ぶ鳥を落とす勢いのM.デムーロ騎手だって、
 来日1年目の時は、ズタボロの成績でした。
 同時に、外人騎手の来日1週目は
 活躍できないことが多いです。
 2015年に大活躍したR.ムーア騎手だって、
 来日1週目の競馬は、
 見るも無残な結果に終わっています。
 人気を被っては沈み、
 ストロングバローズであっさりと敗戦する
 という失態までしております。
 これには、幾つかの理由があります。
 先ずは、集まる馬の質の問題です。
 現在来日中のS.フォーリー騎手は、
 社台からの招待騎手ですが、
 馬が全然集まらず活躍できていません。
 騎乗依頼はエージェントが受け持つものの、
 信頼とコネクション、営業力の問題ですね。
 次に、知識のアドバンテージです。
 馬を知らない、調教師を知らない、
 ライバル騎手を知らない、
 競馬場を知らない、
 日本語分からない、では話になりません。
 そんな状態であなたは馬券を買うでしょうか。
 新聞の情報なりそれ以外のがあるから、
 馬券を買えるわけですね。
 最後に、競馬の違いです。
 1着を求める海外競馬と、
 着を取ると賞金がしっかり出る日本では、
 競馬の内容と質が少し違います。
 日本の競馬に合わせることができなければ、
 日本での評価を得ることは難しいです。
 以上が、初来日の外人騎手のぶち当たる
 問題となります。
 騎乗技術があろうとも、
 思っているほど活躍できるとは限らない
 ということです。
 H.ボウマン騎手だって、
 馬が揃い始めたのは最後の方になってから
 でしたからね。
 例え上手い騎手であっても、
 日本の中堅騎手よりは劣ると
 評価しておいて差し支えありません。
 外人騎手を特別視できるような、
 強調できるデータもないのが現実です。  西なら秋山騎手、和田騎手より劣る、  東なら柴山騎手・吉田隼人騎手より劣る、  と言った感じでしょうか。
 ただ、常に例外は存在します。
 J.モレイラ騎手の様に、
 初日から馬を集められ、
 決めてしまうだけの技量もあるという
 世界トップクラスの騎手もいます。
 見極めの際には、馬質が物を言います。
 次章で上手い騎手と買える騎手の違い、
 について詳しく見ていくことにします。
 (2016.01.21)

space

 ライアン・ムーア騎手は実は買えない騎手だった!?

>トップへ

space
 競馬の統計学 > コラム > 初来日の外人騎手は買えない
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】

当ホームページへの ▼▽ 応援メッセージ ▽▼ よろしくお願いいたします。どんなことでもOKです。